脱毛サロンの脱毛原理について

###Site Name###

脱毛施術には脱毛サロンなどの光脱毛とクリニックなどの医療脱毛の2種類があります。

二つの大きな違いは発毛組織を壊すか壊さないかなどの違いがあります。

一流の脱毛情報について考えます。

クリニックは病院施設であり、組織を破壊可能なパワーを持つレーザー脱毛器を使います。



組織を破壊するとムダ毛が生える機能自体が失われるので、永久脱毛に繋がって来ます。


ムダ毛を完全に生えなくしたい場合には医療脱毛がお勧めなのですが、アンダーヘアなどのムダ毛をデザインしたい、男性の場合は髭をデザインしたいなどの時には永久脱毛では困る事もあります。

例えば、デザインに飽きた時には別のデザインに変えるなど、永久脱毛にしてしまうと、ムダ毛は生えて来ない状態になるので、デザインの変更が出来なくなります。

脱毛サロンの場合は、特殊な光を肌に照射して、メラニンに光を吸収させる、熱エネルギーで発毛組織の機能を維持的に麻痺させる、機能を一時的に停止するなどの作用を持ちます。

幅広い分野の視点から脱毛サロンがとても人気であることがわかります。

医療脱毛のように発毛組織が壊れていないので、組織再生が図られる事で、再びムダ毛は生えて来る事になるので、ムダ毛のデザイン変更も可能になるわけです。

ちなみに、脱毛サロンのお店は色々な脱毛器を利用しているのが特徴で、脱毛の原理そのものは異なりますが、脱毛完了までの時間の違い、脱毛の効果の違い、施術を受ける時の方法の違い、そして光を照射した時の痛みの度合いによる違いなどがあります。そのため、脱毛サロンを選ぶ時には、こうした違いがある事も知っておくのがお勧めです。